新天町地下で25年「そば天神」が祗園で「あじ菜」として移転します。 オープンまでの奮闘記。

2008年06月29日

もうこんな時間!?

今1時半過ぎです・・・

今まで試作を作っていました。

夕方から厨房に入って「あっ」っと言う間に7時間過ぎていました。

「あじ菜」では温かいそば(スープ)だしはいわゆる関東だしで

お出しします。

明日中に微調整して味を決めます。


明日は仕事着の作務衣が届きます!

学生時代の後輩が家業の久留米絣の織物会社を継いでいて、

折角なので作ってもらいました。

他にも、お客様にお出しする「おしぼり」も絣を使っています。


「坂田織物」サンでは作務衣等の和装だけじゃなく、カッターシャツや日傘、

ポーチやカードケース等の小物まで多くの商品を取り揃えております。

・・・私がいうのも何ですが・・・。

「あじ菜」にもご案内のチラシを置いていますので興味のある方はご自由に

お持ち帰り下さい。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。